ありがとうございました♪

Pocket

ショー、無事終了いたしました。
足を運んでくださいましたお客さま、ご縁をいただいたお客さま
ありがとうございました♪♪
喋りすぎて声が枯れてしまいました(*^^*)

最終日の夕方、人気がなくなってひとりボーッとしてあくびしていたら
前のブースの業者さんがいきなり駆け寄ってきて

Don’t Worry.
あなたの作品はとても素敵ね。売れなくても大丈夫。気にすることはありません。
ってすごいやさしい目で語りかけてくれて
もうびっくり。(*^0^*)

あくびで出た涙を拭いていたので、わたしが泣いているように見えたようです。
いやいや、おかげさまでちゃんとお客さまとのご縁いただきましたから!
ご心配ありがとうございます。

しかしやさしい人です!!(≧▽≦)
ほんわかハートが温まりました。

その業者さんに何だかすごく気に入ってもらったみたいで、
あなたの作品素敵です。わたし大阪ショーに2ブース出しますが、
大きすぎるのでよかったら一緒に出しませんか?
いつでも電話してくださいとお誘いもいただきました。

ホントに気にかけていただいてありがとうございます。^^
大阪、東京はまだ体調が戻るまでは当分ナシのつもりですので、
丁寧にお断りいたしました。

今回のブースの周りはすごくいい方たちばかりで、親切にしていただきました。
ありがとうございました。
とってもリラックスして、お客様対応することができました♪♪

そして今回いろいろな気づきがありました。
私の作るワイヤーの作品は、技術的にそれほど素晴らしいわけでも
緻密な作品のわけでもありません。
当然もっと綺麗な作りの産品は世の中にいっぱいあるので
比べられたらもうひとたまりもないです。

それがわかっていて何故こうやって公の場に出ていくのかといえば
「石と人を惹き合わせたい」のひとことです^^

ショーはたくさんの方々がスーッと通り過ぎて行きます。
少しでも興味を持って立ち止まってくださった方に、その真意をバランスよく表現しながら
お客さまの意をくみとって石とつなげていく。

とっても体力と気力を使ってカラカラに渇きますが
うまくつなげることができたときの感動はいいようはなく最高にうれしいです♪♪^^

やりたいことはもともとハッキリしているので、
形にするという点でその場所はミネショーでなくてもいいのかもしれませんね。
ぼちぼち今後活動を検討していく時期かなと考えています。