これしかない

Pocket

今よりもっといろいろなことができるかもしれない。やれそうな気がする。でも何をやっていいのかわからない。選択肢が多すぎてどちらに進んでいいのわからない・・・。そんなとき私は思うままに幅広くやりたいことをやってみることにしています。

アクションがあればとにかくレスポンスがあります^^

でも何か違う。どうもこれじゃないみたい。でも環境がそれを許さない。でもやろうとすると次々と障害が立ちはだかる・・・「デモデモ」コースに陥ることもあります。これもアルアル。また動いてみると背中を押されるようにグングン前へ進んだり、嬉しい出会があったり。これもアルアル、全部アリです!良し悪しの問題でありません。こんな感じでぐるぐる回って、悩んだり、痛い目にあったり喜んだりして、淘汰され最終的に「これしかない」って残っているものが答えではないかしら^^

 

 

その過程で気づくことがあります。
自分に立ちはだかるものって、何かを試されているかのように場所を変え、時を変え、人を変え、物を変え、ぐるぐる対象を変えながら何度もレッスンの機会を与えてくることを。蓋をしようとしても無駄。逃げても無駄。抗おうとすればするほど自分の生き方をデフォルメさせて、グリグリとえぐり出し照らしてくる。情けなさや至らなさ、自己中心的な自分、あきれちゃうくらいいい加減な自分。こんなはずじゃない焦燥感。いまままでの不徳な行いがこんな結果を生むのか。その奥に潜む怒りや悲しみ・・・ネガティブのオンパレード。どんどん吹き出してきます。

そんなときは味わう。ハートを開いて対峙するとってホントつらいけど、でも痛くても底まで味わって感じるようにしています。そうすると引きが早いから。「いやいや自分いいところもあるよ!」とポジティブな正位置に戻ってこれる。

仕事に限らず、友や家族など自分を取り巻く環境はそのまま今の自分の鏡。ネガティブ真っ最中なときでも不本意でも仕方ありません。受け入れていくしかありません。何十年かして振り返ると、結局相手でもなかった。モノでもなかった。環境でもなかった・・・って気づくことも学びました。
いま残っているものは、私そのもの。だから不本意でもイケてなくても爪の先まで大切にします。

頑張るよ!